横浜で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 横浜法律事務所

弁護士事務所の規模による違い

  • 文責:弁護士 湯沢和紘
  • 最終更新日:2021年6月4日

1 弁護士事務所の規模感

弁護士に相談するにあたって、事務所の大きさ、所属の弁護士数等はどの程度重視されているでしょうか。

弁護士事務所は、ある程度支店展開の進んでいる規模の事務所もありますが、一人ないし数名の弁護士が所属している小規模個人事務所も少なくありません。

弁護士事務所の規模によってどのような違いが出てくるのか、以下で大まかな内容を説明いたします。

2 弁護士へのアクセス

ある程度規模の大きい事務所は、少なからず広告力があります。

そのため、「弁護士に相談したい」、というときに、個人事務所と比較して容易にアクセスできると思います。

特に、知り合いに弁護士がいない方等は、まずはインターネットで調べてから、という方が少なくないと思いますので、「とりあえず相談してみたい」という場合には、規模の大きい事務所の方が相談の予約などは取りやすいのではないかと思います。

3 対応するスタッフの数

人数が多ければ、例えば複数人体制で案件に取り組んだり、チームを組んで対応したりすることができるようになります。

こういった点は、規模の大きい事務所の強みの1つといえます。

他方、案件にかかわるスタッフが多すぎると、内部での情報伝達がうまくいかず、トラブルを生じさせる可能性も否定できません。

例えば一人事務所であればその弁護士ないし数人のスタッフだけで対応せざるをえない反面、情報伝達等はスムーズに行われることを期待できます。

4 信用性

規模が大きい事務所の場合、個人事務所と比較して案件を多く取り扱っている場合が多く、それだけ解決実績等も多くなっていきます。

積み上げられた実績は、依頼をするにあたっての安心感につながってくると思います。

とはいえ、個人事務所の場合でも、あえて特定の分野に絞って価値を提供している事務所などもありますので、規模が大きいから即信頼して任せられると言い切ることもできません。

安心や信頼というのは、人それぞれで感じ方が違ってくる感覚的な部分ですし、弁護士の人柄、相性等も影響すると思います。

5 まずはご相談をお勧めします

弁護士に依頼するにあたって、事務所の規模感も事務所選びの基準としている方もいるかと思いますが、大規模事務所にも個人事務所にもそれぞれ長所短所があると思います。

ですので、まずは複数の弁護士と相談してみることをお勧めします。

弁護士と相談した場合、その場で契約をしなければならない、といったルールがあるわけではありませんので、当然複数の弁護士と相談をしてからどこに依頼をするかを決めることは自由にできます。

弁護士法人心は、弁護士法人心 横浜法律事務所を含め、関東地区だけでも複数の拠点を構える事務所ですので、比較的大規模な事務所の部類に入ってくるかと思います。

ご相談、ご依頼いただくにあたり、参考にしていただければ幸いです。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ