横浜で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 横浜法律事務所

労働災害(使用者側)

大変申し訳ございませんが、担当弁護士の予定が一杯のため、現在、使用者側の労働災害についてのご相談はお受けすることができません。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

労働災害が発生してしまったら

適切に対応することが重要

労働災害が発生してしまった場合、労基署に災害の発生を報告したり、従業員から労災保険の申請がされたらその手続きに協力したりするなど、会社として対応すべきことはたくさんあります。

また、万が一会社側に過失があるようなときには、損害賠償を請求されることも考えられます。

これらの労働災害に関する問題について、対応の仕方によっては、さらに大きなトラブルへと発展してしまったり、会社の評判に影響が出てしまったりすることもありますので、適切に対応していくことが重要です。

法律の知識が必要になることも多いですので、適切な対応をするためには、労災案件を多数取り扱っているなど、労働災害に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。

お早めに弁護士にご相談ください

労働災害に関する問題は、しっかりと事実関係等を確認して適切に対応していかなければなりません。

適切に対応できないと、問題がさらに大きくなってしまう可能性もあり、そうなるとますます会社の評判への影響が大きくなってしまうかもしれません。

会社の評判にも関わる一大事ですから、解決に向けて早めに対応していくことが大切です。

公にはしたくないと自分たちだけで解決しようとすることもあるかと思いますが、問題が大きくなってしまう前に、労働災害に詳しい弁護士に相談される方がより適切で迅速な対応が期待できます。

労働災害について会社としてどのように対応していくか、慎重な判断が求められる場面も多いかと思います。

会社として適切な対応を行っていくために、早めに弁護士へご相談いただき、今後の流れや見通しを把握することも重要です。

労働災害に関する問題でお悩みなら、できるだけお早めに弁護士にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ